NHKニュースウオッチ9・救急医療特集第4回 4/18報道のご報告

3/27のニュースウオッチ9で「医療訴訟で救急医療萎縮」報道があり、

その内容は、事実ではなく、医療事故被害者を傷つけるものだとして、

原告の会は、他の被害者団体とともに、

NHKニュースウオッチ9編集責任者に抗議し、適切な取材と対応を求めました。

私たち医療事故被害者からの申し入れを受け止め、4/18に、

第4回目の特集報道がおこなわれました。

番組を観た、原告の会々員・Tさん(福岡)の感想を紹介します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

本日NHKニュースウォッチ9を見ました。

メール連絡がございましたので、関心を持ってみました。

医師が医療訴訟を恐れている実態、

本来のあるべき医療に向かおうと努力している病院などの取材、

また医療被害に遭われた方の心の内面などが取材されており

大きなメッセージだったと思いました。

病院の体質によって医療過誤を隠す病院、隠さない病院があると

思いますが、今日のようなメッセージが発信されることによって

次第に良い方向へと繋がっていくような希望を感じました。

医療過誤を特別なこととしてではなく、身近におこることとして

国民みんなで考えていく必要があるというメッセージだったように感じました。

あきらめずに発信していく意志が大事だと思わされました。

ありがとうございます。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

医療被害者=クレーマー等と誤解を与えるような記事や報道が根強くあり、

医療被害者の「事故原因究明と再発防止」の願いがなかなか生かされていません。

今回の4/18ニュースウオッチ9は、医療事故被害者にも丁寧に取材していました。

今後、高齢化等で国民の医療需要の急増が心配されていますが、

医療安全がないがしろにされないよう、しっかり発信していきたいと思います。

医療過誤原告の会事務局 宮脇

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です