裁判傍聴支援のお願い(11月以降)

裁判傍聴の際には、コロナ感染防止のため「マスクの着用」をよろしくお願いします。


1、裁判傍聴支援のお願い(山口地方裁判所)
原告の会・会員、亀中節子さんのお父さんの医療事故裁判です。

日 時:11月14日(月)13:00から
場 所:山口地方裁判所 第一法廷
内 容:裁判を起こしてから3年5ヶ月、19回の裁判で、相手方の証人尋問が行われます。
医師2名、看護師1名。他2名の5人についてです。
連絡先:亀中さん(090-3370-9276)
メール:mitada1133@i.softbank.jp


2、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)
原告の会・役員、西本和子さんの夫の医療事故裁判です。

日 時:12月5日(月)11時30分
場 所:大阪地方裁判所(5階)民事20部
被 告:大阪労災病院
内 容:鑑定人に対する質問・補充
いつも裁判傍聴支援ありがとうございます。
交流会は石川寛俊弁護士参加予定、喫茶店(食事可能)にて行います。
連絡先:西本さん(090-8887-5840)


3、裁判傍聴支援のお願い(東京地方裁判所)
原告の会・会員、石村昌子さんのお母さんの医療事故です。(第3回)

日 時:12月12日(月)13時15分
場 所:東京地方裁判所 民事14部(7階)721号法廷
前回口頭弁論の傍聴支援、ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
連絡先:石村さん(048-442-5583)※事前連絡は必要ありません

11月以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療事故原因調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、医療事故原因調査、協力医情報、弁護士情報、類似事故案件捜し、等の貴重な機会です。個別相談も行います。ご希望の方は下記申込先に連絡ください。

日 時:11月6日(日)10:00~15:00
場 所:(東京郊外)集合場所は、参加者にお知らせします
参加費:無料
受付定員:6名(申し込み先着順、原告の会・会員を優先します)
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


2、「医療の良心を守る市民の会」シンポジウム
日本では、戦争でもないのに、同じ日本人に縛られたり閉じ込められたりしています。精神医療の現場の「良心」について考えます。

日 時:11月27日(日)13:00~16:30
場 所:全水道会館(4F)大会議室
交 通:JR「水道橋駅」東口から徒歩1分、文京区本郷1-4-1
内 容:
<第一部>
(1)「縛る」「閉じ込める」の屈辱は一生の心のキズになります
(2)実態を取材する立場から
<第二部>
(1)精神病院に代わる地域保健サービスこそ大事
(2)今日も1万人以上が縛られている日本、その歴史と行政と政治を考えます
<第三部>
パネルディスカッション
参加費:無料
参加申し込み:医療の良心を守る市民の会 永井(hnagai@max.hi-ho.ne.jp)


3、事故調フォーラム主催:公平な医療事故調査制度を育てる・駅頭宣伝(133回)
参加可能な方は、しっかりコロナ感染対策をしてご参加をお願いいたします。

日 時:12月11日(日)15:00~16:00
場 所:JR山手線「大崎駅」出口
内 容:患者安全の日のシンボルマーク入り横断幕やシンボルカラー(オレンジ色)のジャケット等で宣伝します。
前回は10月にJR山手線「巣鴨橋駅」改札口で10名が参加しました。
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


4、医療過誤原告の会「総会記念シンポジウム」
(会場参加&リモート:ハイブリッド方式)
テーマ『医療事故調査制度改善へ、遺族からの提言』

日 時:12月18日(日)13時30分~16時30分
場 所:全労連会館ホール
交 通:JR「御茶ノ水駅」徒歩8分、文京区湯島2-4-4

<第一部>
(1)医療事故被害者遺族アンケートのまとめ・遺族の思い
(2)医療機関にセンターへ報告を遺族が求める困難さ・遺族の立場から
<第二部>
パネルディスカッション
『センター・厚労省・関係機関の動向、遺族の願いを制度改善へ』
参加費:無料
参加申込み:医療過誤原告の会 事務局(info@genkoku.net、090-6016-8423)


5、医療事故原因調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、医療事故原因調査、協力医情報、弁護士情報、類似事故案件捜し等の貴重な機会です。個別相談も行います。ご希望の方は下記申込先にご連絡ください。

日 時:1月15日(日)10:00~15:00
場 所:(東京郊外)集合場所は、参加者にお知らせします
参加費:無料
受付定員:6名(申し込み先着順、1/7まで原告の会・会員を優先します)
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)

裁判傍聴支援のお願い(10月以降)

裁判傍聴の際には、コロナ感染防止のため「マスクの着用」をよろしくお願いします。


1、裁判傍聴支援のお願い(東京高等裁判所)
原告の会・会員 入倉一史さんのお父さんの薬害被害の闘いです。

日 時:10月3日(月)11時30分から
場 所:東京高等裁判所(8階)822号法廷
内 容:帝人ファーマの大腸刺激性下剤ラキソベロンの副作用による腸管穿孔と、その後の腹膜炎によって亡くなった父のPL損害賠償請求事件の控訴審(原審敗訴)です。
連絡先:入倉さん(070-4312-0149)
メール:i.kazufumi.0225@gmail.com
※とくに事前連絡等不要です。終了後、お打合せ時間ございます。


2、裁判傍聴支援のお願い(東京地方裁判所)
原告の会・会員、藤原喜代美さんのご主人の医療事故裁判です。

日 時:10月3日(月)13時30分から
場 所:東京地方裁判所(7階)721号法廷
内 容:現役医師だった夫の医療裁判最終意見陳述が行われます。
ここまで色々支えていただき有難うございました。是非、皆様の傍聴応援をお願い致します。
連絡先:藤原喜代美さん(090-4027-2223)
メール:fouvoila60@poppy.ocn.ne.jp


3、裁判傍聴支援のお願い(神戸地方裁判所 姫路支部)
原告の会・会員、鷹巣真美さんの娘さんの医療事故です。(第1回)

日 時:10月17日(月)10時30分
場 所:神戸地方裁判所 姫路支部 1号法廷
内 容:娘さんが虫垂炎手術ミスで亡くなられ、被害者側担当は石川寛俊弁護士です。
終了後、交流会実施、石川寛俊弁護士参加予定、傍聴参加いただける方は、事前に鷹巣さんへ連絡願います。
連絡先:鷹巣真美さん(080-3763-9435)


4、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)
原告の会・役員、西本和子さんの裁判傍聴支援です。被告は大阪労災病院。
前回は、たくさんの傍聴をただきありがとうございました。心破裂はない、救命は可能であった、過失と因果関係が争点です。

日 時:10月27日(木)午後14:00~
場 所:大阪地方裁判所(本館5F)民事20部
終了後、交流会実施(石川寛俊弁護士参加予定)、ご遠慮なく参加いただいて結構です。
連絡先:西本和子さん(090-8887-5840)

10月以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療事故原因調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、医療事故原因調査、協力医情報、弁護士情報、類似事故案件捜し、等の貴重な機会です。個別相談も行います。ご希望の方は下記申込先に連絡ください。

日 時:10月2日(日)10:00~15:00
場 所:(東京郊外)集合場所は、参加者にお知らせします。
※日程を変更しました。
参加費:無料
受付定員:6名(申し込み先着順、9/23まで原告の会・会員を優先します)
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


2、医療過誤原告の会・関東地区集会(東京)

日 時:10月9日(日)13:00〜16:30
場 所:練馬区東大泉地区区民館 会議室
交 通:西武池袋線「大泉学園駅」北口下車 徒歩10分
内 容:学習会「被害者が医療事故原因調査の行うには」
医療事故被害者の交流、関心のある方の参加歓迎。
参加定員:広い会場ですが、コロナ感染予防のため定員30名です。
参加申込方法:参加ご希望の方は、事前に下記事務局に申し込みください。
参加費:無料
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(☎090-6016-8423、メール:info@genkoku.net)


3、映画会と講演シンポジウムのお知らせ(大阪)
【主催】大阪・兵庫高次機能障害研究会、現代医療を考える会

日 時:10月15日(土)11:00~17;30
場 所:高槻現代劇場文化ホール(3階)会議室(レセプションルーム)
定 員:350人(参加費:1500円)
内 容:
■11:00~13:00 映画上映と講演
<映画上映>「いのち見つめてー高次機能障害と現代社会」
<講 演>大岡由佳さん「被害者支援の視点から」
■14:00~17:30 講演、シンポジウム
<講 演>
天笠啓祐さん「先端技術と人権」
高作正博さん「生と政治を考えるー『命』を保護しない国家?」
<シンポジウム>
「水俣・三池・福島を通じて、被害者支援について考える」
連絡先:072-690-5265 山口クリニック
080-5309-1536 野口(対応時間 火、水、木 13-15時)


4、事故調フォーラム主催:公平な医療事故調査制度を育てる駅頭宣伝(132回)
参加可能な方は、しっかりコロナ感染対策をして、ご参加をお願いいたします。

日 時:10月30日(日)16:00~17:00
場 所:JR山手線「巣鴨駅」JR出口
内 容:患者安全の日のシンボルマーク入り横断幕やシンボルカラー(オレンジ色)のジャケット等で宣伝します。今年7月はJR総武線「水道橋駅」東口で11名が参加しました。
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)

裁判傍聴支援のお願い(9月以降)

裁判傍聴の際には、コロナ感染防止のため「マスクの着用」をよろしくお願いします。


1、裁判傍聴支援のお願い(東京地方裁判所)
原告の会・会員 石村昌子さんのお母さんの医療事故です。(第2回)

日 時:9月26日(月)10時30分
場 所:東京地方裁判所 民事14部(7階)721号法廷
内 容:初回口頭弁論の傍聴支援、ありがとうございました。新たな裁判が幕開けとなり、次回は被告側3者の反論です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
連絡先:石村さん(048-442-5583)※事前連絡は必要ありません

9月以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療事故・被害相談会(東京)のご案内
医療事故被害者・家族が、孤立して泣寝入りすることがないよう、相談会を行います。

日 時:9月4日(日)10:00〜12:00
場 所:全労連会館(3F)会議室(東京・御茶ノ水)
※9月の相談会は中止します。
参加費:無料
受付定員:4名(先着順、8/26まで原告の会・会員優先)
原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
尚、相談内容の個人情報は厳守します。相談依頼者の方も、助言内容をSNS等で発信は厳禁です。
医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
相談申込先:原告の会 事務局(☎090-6016-8423、メール:info@genkoku.net)


2、医療過誤原告の会・中部地区集会(名古屋)

日 時:9月10日(土)13:00〜16:30
場 所:ウイルあいち・セミナールーム4
交 通:地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ 徒歩約8分
内 容:検討中。医療事故被害者の交流、関心のある方の参加歓迎。
参加申込方法:参加ご希望の方は、事前に下記事務局に申し込みください。
参加費:無料
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(☎090-6016-8423、メール:info@genkoku.net)


3、HPVワクチン薬害訴訟学習会【大分】(Zoom 併用)

日 時:9月17日(土)14:00〜16:00
場 所:コンパルホール大分 305号室
内 容:「提訴から6年の今とこれからを学ぶ」
~全国弁護団共同代表 水口真寿美弁護士と原告のお話し~
主催&参加申込:HPVワクチン薬害訴訟を支える会・大分(097-537-3344)
メール:kwalk3339@gmail.com


4、事故調フォーラム主催:公平な医療事故調査制度を育てる駅頭宣伝(132回)
参加可能な方は、しっかりコロナ感染対策をして、ご参加をお願いいたします。

日 時:9月23日(金・祝)16:00~17:00 ※雨天のため中止
場 所:JR山手線「巣鴨駅」JR出口
内 容:患者安全の日のシンボルマーク入り横断幕やシンボルカラー(オレンジ色)のジャケット等で宣伝します。今年7月はJR総武線「水道橋駅」東口で11名が参加しました。
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


5、「世界患者安全の日」&架け橋10周年記念Webシンポジウム

日 時:9月25日(日)9:30~16:30
【第1部】 9:30~12:00「架け橋」創立のこれまでとこれから
【第2部】13:00~16:30「医療事故調査制度」、「対話推進者の院内業務」
参加費:無料
申込先:NPO法人「架け橋」ホームページより受付

裁判傍聴支援のお願い(8月以降)

裁判傍聴の際には、コロナ感染防止のため「マスクの着用」をよろしくお願いします。


1、裁判傍聴支援のお願い(東京高等裁判所)
原告の会・会員 山田清治さんご夫妻の、娘さんの出産事故1審判決敗訴、控訴審です。(第4回)

日 時:8月4日(木)15時00分
場 所:東京高等裁判所(8階)808号法廷
内 容:被告意見書に対して、原告側から反論の意見書提出予定です。
連絡先:山田清治さん(090-5404-2817)
メール:seiyama1107@gmail.com


2、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)
原告の会・会員、金坂康子さんの娘さんの医療事故についての裁判傍聴支援です。
淀川キリスト教病院と主治医(脳神経外科部長)を提訴。
前回の傍聴支援、誠に有難うございました。今回は最終弁論でこれで結審となります。

日 時:8月10日(水)10時00分~
場 所:大阪地方裁判所(本館10階)1008号法廷
裁判終了後、交流会を予定(場所未定、石川弁護士 参加予定)。
裁判傍聴をして下さる方はメールか電話にて御連絡下さい(交流会の席予約の為)
連絡先:金坂康子さん(090-2701-4013)

8月以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療事故原因調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、医療事故原因調査、協力医情報、弁護士情報、類似事故案件捜し、等の貴重な機会です。個別相談も行います。ご希望の方は下記申込先に連絡ください。

日 時:8月21日(日)10:00~15:00
場 所:(東京郊外)集合場所は参加者にお知らせします。
参加費:無料
受付定員:6名(申し込み先着順、8/13まで原告の会・会員を優先します)
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


2、薬害根絶デー集会のお知らせ
『薬害根絶デー集会』(Web参加可)
Webの部分視聴でも結構ですので、原告の会・会員のみなさんに参加を呼びかけます。

日 時:8月24日(水)14:30〜16:30
場 所:日比谷図書 文化館 大ホール + オンライン(ハイブリッド)
ーーーーーーーーー
プログラム[予定]
14:00 開場
14:30 開会
1. 主催者挨拶 [2分]
2. 今年の要望書 (全国薬害被害者団体連絡協議会) [3分]
3. 「医薬品等行政評価・監視委員会」の活動と課題 (隈本邦彦、佐藤嗣道) [45分]
緊急承認制度・ワクチン副反応へ提言しても厚労省が施策に反映しない問題点など
4. HPVワクチン被害 (弁護団、被害者) [20分]
裁判の現状と情勢、被害者の訴え、支援活動の紹介
5. 学生報告 (早稲田大学現代司法研究会) [15分]
薬害肝炎を中心とした薬害の歴史、責任の所在、被害と苦しみについて
6. 肝炎救済法の延長問題 (浅倉美津子、薬害肝炎原告原告) [10分]
7. 国会議員からの発言  [全部で15分以内]
8. 行動提起 (学生実行委員) [5分]
16:30 閉会
ーーーーーーーーー
参加申込フォーム:https://forms.gle/tnw8f7BhjASrpmFz6
★最新の情報は、「薬害根絶デー紹介」をご覧ください。
ホームページ:https://sites.google.com/view/ykd824-intro/
連絡先:薬害根絶デー実行委員会
〒171-0021 豊島区西池袋1-17-10 エキニア池袋6階 城北法律事務所内
担当事務局:新庄 聖
お問合せ先:yakugaikonzetu@gmail.com

裁判傍聴支援のお願い(7月以降)

裁判傍聴の際には、コロナ感染防止のため「マスクの着用」をよろしくお願いします。


1、裁判傍聴支援のお願い(東京地方裁判所)
原告の会・会員、石村昌子さんのお母さんの医療事故です。(第1回)

日 時:7月11日(月)13時30分
場 所:東京地方裁判所(7階)民事14部 721号法廷
母の前裁判では皆様に応援していただき、大変ありがとうございました。
前裁判は、主張の一部が審理されないまま終結してしまったため、この度再度提訴致しました。
重要な主張が公正に審理して頂けるよう、力を尽くしたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
連絡先:石村さん(048-442-5583 ※事前連絡は必要ありません)


2、裁判傍聴支援のお願い(千葉地方裁判所)
原告の会・会員、神谷幸男さんの医療事故の相手側医師への慰謝料請求裁判です。
前回は、裁判傍聴支援ありがとうございました。

日 時:7月15日(金)16時00分から
場 所:千葉地方裁判所(6F)602号法廷
内 容:担当医師の行為が殺人相当の不法行為であることを争う裁判の第9回口頭弁論。
連絡先:神谷幸男さん(080-6607-3195)


3、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)
原告の会・会員、金坂康子さんの娘さんの医療事故についての裁判です。
淀川キリスト教病院と主治医(脳神経外科部長)を提訴。前回の傍聴支援、有難うございました。
今回は双方の進行協議(非公開)で、傍聴はできません。

日 時:7月20日(水)午前10:00~
場 所:大阪地方裁判所(本館)
裁判終了後、交流会を予定(石川弁護士が参加予定)しています。
交流会に参加される方は(席予約の為)メールか電話にて御連絡下さい。
連絡先:金坂康子さん(090-2701-4013)

7月以降の集会・イベントのお知らせ


1、女性の人生を台無しにする“子宮頸癌ワクチン”の効果と被害の真実
『マスメディアが伝えないのは、なぜ? その背景と歴史を掘り下げる』
無料 zoomシンポジウム

日 時:7月3日(日)14:00〜16:20(全国どこからでも視聴可能)
各方面から深く信頼されている徳田靖久弁護士の司会で、
・マスメディアの動向を詳細に分析した元NHK記者の隈本邦彦 教授
・担当弁護士のおひとり関口正人さん
・朝日新聞現役記者 高波 淳さん
・国際医療福祉大學教授 大熊由紀子さん
・被害を体験している女性の方々が参加します。
参加費:★無料ですが、以下からの事前予約してください。
https://forms.gle/T2rWiWfbnuA1UzsM7
★当日のチラシは、こちら
https://drive.google.com/file/d/1Y55iCHfP1S0IkW-gEcFBgfO8wOGZiGAs/view?usp=sharing


2、医療事故原因調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、医療事故原因調査、協力医情報、弁護士情報、類似事故案件捜し、等の貴重な機会です。個別相談も行います。ご希望の方は下記申込先に連絡ください。

日 時:7月17日(日)10:00~15:00
場 所:(東京郊外)集合場所は、参加者にお知らせします。
参加費:無料
受付定員:6名(申し込み先着順・7/7まで、原告の会・会員を優先します)
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


3、医療過誤原告の会・関西支部集会
日 時:2022年7月23日(土)13:00~16:00
場 所: 大阪弁護士会館1001号室
(大阪市北区西天満1-12-53-14 電話 06-6364-0251)
内 容:(敬称略)
【第1部】 交流集会 13:00~15:00
・開会あいさつ 関西支部長 篠原聖二
(1)活動報告 会長 宮脇正和
・医療事故調査制度の現状報告
・医療事故相談から、医療事故原因調査と弁護士依頼について
(2)医療・薬害被害者の活動について 勝村久司
(3) 医療被害者・ご家族の経験・思いを語る。(会員による報告)
【第2部】 パネルディスカッション(15:10~15:50)
<パネリスト>
石川 寛俊 (大阪弁護士会)
勝村 久司(医療情報の公開・開示を求める会代表世話人)
宮脇 正和(医療過誤原告の会・会長)

◎無料法律相談会(関西支部)
日 時:令和4年7月23日(土)13時~15時
場 所:大阪弁護士会館(大阪市北区西天満1-12-5)
対象者:病院との解決方法を検討している方。
(現在、弁護士に依頼済み(係争中等)、会員以外の方は同時開催の関西支部集会でも対応します)
担当者 :石川寛俊弁護士、阪上武仁弁護士、百井幹雄弁護士(大阪弁護士会所属)
●相談の申し込み方法
7月10日までに、事故の概要と経過を記載したうえ、以下の関西支部代表メールアドレスに送信してください。
ただし、定員になり次第、申し込みを締切ります。(ホームページに掲載)
<相談受付メールアドレス> mistral@ninus.ocn.ne.jp

■大阪弁護士会館 大阪市北区西天満1-12-5
TEL:06-6364-0251
【交通手段】
・京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
・地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
・地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
・JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分
・地図 http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/


4、医療事故・被害相談会(東京)のご案内
医療事故被害者・家族が、孤立して泣寝入りすることがないよう、相談会を行います。

日 時:7月24日(日)13:00〜15:00
場 所:全労連会館・3F会議室(東京・御茶ノ水)
参加費:無料
受付定員:4名(先着順、7/15まで原告の会・会員優先)
原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
尚、相談内容の個人情報は厳守します。相談依頼者の方も、助言内容をSNS等で発信は厳禁です。
医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
相談申込先:原告の会事務局(☎090-6016-8423、info@genkoku.net)


5、事故調フォーラム主催、公平な医療事故調査制度を育てる・駅頭宣伝(131回)
参加可能な方は、しっかりコロナ感染対策をして、ご参加をお願いいたします。

日 時:7月24日(日)16:00~17:00
場 所:JR総武線「水道橋駅」東口
内 容:患者安全の日のシンボルマーク入り横断幕やシンボルカラー(オレンジ色)のジャケット等で宣伝します。今年6月はJR中央線国分寺駅南口で12名が参加しました。
連絡先:医療過誤原告の会事務局(090-6016-8423)