札幌で医療事故問題シンポのお知らせ

シンポジウム in 札幌(2011.9.24)          催:医療の良心を守る市民の会 
テーマ:「医療安全と医療事故」
~医療者と患者の対話:情報開示・事故調査・説明の必要性~
1.開催趣旨
2006年4月発足した当会は「患者と医療者が手をつなぐためにすべきこと」を追求する活動をシンポジウムやセミナーを開催して、医療者・弁護士・医療事故被害者家族など
のシンポジストと医療者・市民との対話をしてきました。東京を中心に大阪・名古屋でも開催しました。
「架け橋」研究会が開催する研修会が9月25日から始まることに同期して、
当会10回目のシンポジウムを念願の札幌で開催することにしました。
テーマは「医療安全と医療事故」~医療者と患者の対話:情報開示・事故調査・説明の必要性~として、医療者にとっては「架け橋」研修会につながり、「患者と手をつなぐた
めにすべきこと」、また一般市民にとっては「医療者と手をつなぐためにすべき
こと」を少しでもつかんでいただけるシンポジウムを目指したいと願っています。

2.プログラム
13:30 開会
第1部 シンポジウム(以下 敬称略)
13:40~13:40 シンポジウム開始 座長 隈本 邦彦 加部 一彦
13:45~14:05 医療者の立場から(病院事例) 南須原 康
14:05~14:25 研究者の立場から(米国事例) 岡本 左和子
14:25~14:45 被害者の立場から(事故事例) 永井 裕之

*休憩 14:45~15:00(参加者からの質問・意見を回収)

第2部 パネルディスカッション 
15:00~16:30 第1部メンバーに森 利光 、安井 はるみ 、豊田 郁子の3名が
加わり、テーマ・副題について参加者からの質問・意見などを加味して討議

会 場:札幌国際ビル 8階 国際ホール TEL: 011-241-9610;

URL: http://www.itogumi.jp/kokusai-hall.html

     札幌市中央区北4条西4丁目1番 札幌国際ビル.

地下鉄南北線「さっぽろ」駅下車徒歩約2分.

JR「札幌」駅下車徒歩2分.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です