関東集会・医療事故調 署名活動のレポート

9月17日、関東集会が都内で開かれ35名の被害者・家族の方が、全国から集まりました。

高橋純副会長の司会で、はじめに宮脇正和会長から7月に開催した公的医療事故調査制度化を求める参議院議員会館内集会などの取り組みを報告、続いて患医連(患者の視点で医療安全を考える連絡協議会:本会をはじめ医療被害者などの5団体でつくっている)代表の永井裕之氏が民主党政権による無過失補償制度検討会の問題点などにふれて挨拶しました。 講演は彦坂幸伸弁護士が「弁護士まで10年、医療問題を担当して」と題してお話いただき、質疑も活発におこなわれました。 続いて役員の永井国生さんが、大学病院と医療過誤裁判を闘い高裁で和解した報告を行いました。

新しく被害者となった参加者が多く、病院との対応や裁判での課題など交流などが時間いっぱい行われました。集会終了後も、場所を移して、個別の相談が行われました。

また関東集会終了後、会場近くのJR大塚駅北口で、医療版事故調の設立を求める宣伝・署名活動を行いました。 医療被害者、弁護士、支援者など総勢29名の呼びかけに、多くの方がビラを受け取って、署名して頂きました。協力して頂いた皆様、ありがとうございました。

会員 前田経一・宮脇正和

関東集会・医療事故調 署名活動のレポート” への1件のフィードバック

  1.     ↑   ↑

    活動の様子がよくわかりました。
    報告ありがとうございます。
    参加の皆さま、お疲れ様でした。

    今度は「お茶の水、お茶の水、お茶の水」ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です