「医療崩壊」(出版 朝日新聞社)の著者、小松秀樹氏への公開質問

平成20年4月1日

「医療崩壊」著者
小松 秀樹 様

前田 経一
(医療過誤原告の会)

「医療事故被害者とクレーマー」に関する質問について

拝啓

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。突然の質問をお送りする非礼をお許しください。

私は前田経一と申します。医療事故被害者の集まった団体である「医療過誤原告の会」の事務局長を務めており、医療事故問題に関心をもっている者です。

今回、質問をお送りしたのは、小松様の執筆された本である「医療崩壊」の記述に関してお尋ねしたいことがあったからです。

つきましては、ご多忙とは存じますが、次頁の質問・回答欄にご記入の上、本年4月末日までにご返送して頂ければ幸いです。

本質問は、誠に勝手ながら「医療過誤原告の会」の公式サイトにて、公開質問という形で公表する予定です。小松様より頂いたご回答も併せて公開させて頂きたいと考えております。

お手数をお掛けして誠に申し訳ありませんが、ご理解いただき何とぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

1、「医療崩壊」の「医事紛争の当事者には…本当の被害者も存在するが、それよりもクレーマー型の当事者の方が多く」(33p)という記述に関して質問します。

現在も「医事紛争の患者側当事者にはクレーマーが多い」という認識をお持ちですか?

[  1、現在もそう考えている。   2、現在その様に考えていない  ]

2、「医療崩壊」の執筆において、「医事紛争の患者側当事者にはクレーマーが多い」とされた根拠をお答えください。

[                                           ]

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です