医療過誤原告の会・シンポジウムのご案内

患者の人権確立と医療過誤被害者運動の願い
「医療被害者の苦しみは医療改革の原点」

日時 2007年12月16日(日)13:30~16:30
会場 東京都東村山市立中央公民館 東京駅からのアクセス 地図
東京都東村山市本町2-33―2(042-395-7511) 山手線高田馬場駅乗り換え
西武新宿線 本川越行or新所沢行(28分)東村山駅下車東口徒歩1分
参加費 無料
受付 当日受付

内容

  1. 医療過誤裁判報告 2件
  2. 講演
    • 「患者の人権確立と医療被害者運動の役割」
      鈴木利廣(医療問題弁護団代表、薬害肝炎全国弁護団代表)
    • 「医療被害者の願いと医療過誤裁判」
      勝村久司(医療情報の公開・開示を求める市民の会)
    • 「医療事故を取り扱う第三者機関の早期実現を求めて」
      肥田泰(全日本民主医療機関連合会 会長・医師)
  3. シンポジウム
    「医療被害者の苦しみは医療改革の原点」
    鈴木利廣、肥田泰、勝村久司、 医療被害者(2~3名)
    司会 宮脇正和・前田経一(医療過誤原告の会)

問い合わせ先 医療過誤原告の会事務局 全国事務局
〒189-0026 東京都東村山市多摩湖町1-22-2 宮脇方
TEL 090-6016-8423 FAX 042-393-9873
Eメール contact@genkoku.jp

会員でなくても参加できますので、皆様、ぜひご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です