5月以降の集会・イベントのお知らせ


1、「ハンセン病と医療基本法」学習会のお知らせ(主催:医療過誤原告の会)

日 時:5月21日(土)13:00~15:00
場 所:国立ハンセン病資料館(東京:東村山)
内 容:
【13:00~14:00】国立ハンセン病資料館見学
【14:00~15:00】学習会「ハンセン病と医療基本法」 講師:内田博文先生(国立ハンセン病資料館長)
参加定員:20名(事前申し込み)
参加費:無料
申し込み先:医療過誤原告の会 事務局(TEL:090-6016-8423、Eメール:info@genkoku.net)


2、医療基本法学習会(医療基本法推進フォーラム主催)
テーマ「医療における個人情報取扱いの問題点と新しいルールの在り方」

日 時:5月22日(日)14:00~16:00
開催方法:オンライン方式(Zoom Webinar)
講 師:森田 明 弁護士
参加費:無料
申込先:患者の権利法をつくる会 事務局(info@kenriho.org)☎ 092-641-2150


3、医療事故情報センター総会記念シンポジウム

日 時:5月28日(土)13:00〜16:30
場 所:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
交通:JR「名古屋駅」桜通口 徒歩5分
内 容:医療における無過失補償制度を展望する
参加費:無料、会場参加
参加方式:会場(定員50名)とリモートのハイブリッド方式
参加申込・連絡先:医療事故情報センター(052-951-1731)のウェブサイト参照
ウェブサイト:医療事故情報センター(外部サイト)


4、医療事故原因調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、医療事故原因調査、協力医情報、弁護士情報、類似事故案件捜し等の貴重な機会です。個別相談も行います。ご希望の方は下記申込先に連絡ください。

日 時:5月29日(日)10時15分~14時30分
場 所:(東京郊外)集合場所は、参加者にお知らせします
参加費:無料
受付定員:6名(申し込み先着順、5/20まで原告の会・会員を優先します)
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


5、事故調フォーラム主催、公平な医療事故調査制度を育てる・駅頭宣伝(129回)
参加可能な方は,しっかりコロナ感染対策をして、ご参加をお願いいたします。

日 時:5月29日(日)16:00~17:00
場 所:JR中央線「四ツ谷駅」麹町口
内 容:患者安全の日のシンボルマーク入り横断幕やシンボルカラー(オレンジ色)のジャケット等で宣伝します。
今年4月はJR中央線八王子駅北口で10名が参加しました。
連絡先:医療過誤原告の会事務局(090-6016-8423)


6、医療過誤原告の会「関東地区集会」のお知らせ
医療事故被害者の交流の場です。関心のある方の参加を歓迎します。

日 時:6月12日(土)午後13:30〜16:30(東京)
場 所:練馬区東大泉地区区民館 会議室
交 通:西武池袋線「大泉学園駅」北口下車 徒歩10分
内 容:学習会「患者側の弁護士選び・信頼関係づくりで大事なポイント」
参加定員:広い会場ですが、コロナ感染予防のため定員30名です。
参加費:無料
参加申込方法:参加ご希望の方は、事前に下記事務局に申し込みください。
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(☎ 090-6016-8423、info@genkoku.net)


7、医療事故・被害相談会(東京)のご案内
医療事故被害者・家族が、孤立して泣寝入りすることがないよう、相談会を行います。

日 時:7月24日(日)13:00〜15:00
場 所:全労連会館・3F会議室(東京・御茶ノ水)
参加費:無料
受付定員:4名(先着順、7/15まで原告の会・会員優先)
原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
尚、相談内容の個人情報は厳守します。相談依頼者の方も、助言内容をSNS等で発信は厳禁です。
医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
相談申込先:原告の会事務局(☎ 090-6016-8423、Eメール:info@genkoku.net )