2月以降の集会・イベントのお知らせ


1、公益通報者保護法の実効的改正を求める院内集会
大学病院で教授が患者家族に無断で人体実験して事故死させた案件について何も対応しない病院の姿勢に疑問を持ち、厚労省に内部通報した大学病院の職員が、逆に厚労省担当者から大学に通報されて身分が危うくなる不当な圧力をかけられ、裁判に提訴して勝訴したことも報告されます。

日 時:2月4日(火)12:00〜13:30
場 所:衆議院第一議員会館(1F)多目的ホール
参加申込先:FAX 03-3580-2896(事前申し込み、氏名と所属)
主 催:日弁連


2、医療事故調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、協力医探し、弁護士探し、類似事故案件捜し、医学資料探し等の資料が検索できる貴重な機会です。ご希望の方は、下記申込先にご連絡ください。

日 時:2月9日(日)10時15分~15時00分
場 所:(東京)集合場所は、参加者にお知らせします。
申込定員:先着6名(医療過誤原告の会・会員優先申し込み2/5まで)※次回3月は日程未定
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


3、医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)のご案内
本人や身近な人が突然医療事故に遭ったのに、病院が真摯に対応してくれなくて困り、
医療事故被害者・家族が、孤立して泣寝入りすることがないよう、相談会を行います。

日 時:2月11日(火・祝)13:00~15:00
場 所:全労連会館3F会議室(JR「御茶ノ水駅」徒歩7分)
文京区湯島2-4-4  TEL:03-5842-5610
受付定員:6名(先着順、2/5まで原告の会・会員優先)・・まだ受付可
原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
相談申込先:原告の会 事務局(☎090-6016-8423)(Eメール:info@genkoku.net )
次回は、2020年4月を予定しています。


4、公正な医療事故調査制度に改善を求める宣伝活動(チラシ配布・署名)
<第120弾・亀戸駅北口>
1月はとても寒い中、JR中野駅北口で8名参加して宣伝しました。
医療事故調査制度は医療機関からの届け出が低調のまま推移しています。
被害者に寄り添う制度に見直しを求め、多くのみなさんの参加をお待ちしています。

日 時:2月23日(日)16時~17時
場 所:JR総武線「亀戸駅」北口
終了後、交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤原告の会事務局(☎ 090-6016-8423)