12月以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療過誤原告の会 総会・シンポジウム(東京)

日 時:12月15日(日)
【午前】11時00分~12時00分 医療過誤原告の会・総会(会員対象)
【午後】13時30分~16時30分 シンポジウム(一般公開)
「医療安全20年、医療事故調査制度4年!」
~届け出数低調、遺族の願い届かぬ現実~
■医療事故被害報告(敬称略)・・・小澤和仁(医療過誤原告の会・会員)
■基調講演・弁士、シンポジスト(敬称略)
・篠原聖二(医療過誤原告の会役員・大阪)
・永井裕之(患者の視点で医療安全を考える会 代表)
・三枝恵真(東京医療問題弁護団・弁護士)
■シンポジウム「届け出数低調、遺族の願い届かぬ現実」
・シンポジスト:篠原聖二、永井裕之、三枝恵真
・コーディネーター:木下正一郎(医療版事故調推進フォーラム・弁護士)
場 所:全水道会館(4階)大会議室(JR中央線「水道橋駅」東口から徒歩3分)
参加費:無料、事前申し込み:不要
■■シンポジウムのご案内(PDF)ダウンロード


2、公正な医療事故調査制度に改善を求める宣伝活動(チラシ配布・署名)<第118弾・高田馬場>
11月は肌寒さを感じるJR池袋駅西口で、14名参加して宣伝しました。センターへの事故報告は10月35件と低調のまま、4年目の届け出は年間371件、前年より減少! 多くのみなさんの参加をお待ちしています。

日 時:12月21日(土)15時00分~16時00分
場 所:JR山手線「高田馬場駅」ビッグボックス前
終了後、望年交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(☎ 090-6016-8423)


3、医療事故調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、協力医探し、弁護士探し、類似事故案件捜し、医学資料探し等の資料が検索できる貴重な機会です。ご希望の方は下記申込先にご連絡ください。

日 時:12月22日(日)10時15分~15時00分
場 所:(東京)参加者にお知らせします。
申込定員:先着6名(医療過誤原告の会・会員優先申し込み12/14まで)
※次回は1月を予定
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


4、医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)のご案内
本人や身近な人が突然医療事故に遭ったのに、病院が真摯に対応してくれなくて困り、医療事故被害者・家族が孤立して泣寝入りすることがないよう、相談会を行います。

日 時:1月18日(土)10時00分~12時00分
場 所:全労連会館(3F)会議室(JR「御茶ノ水駅」徒歩7分)
文京区湯島2-4-4 TEL:03-5842-5610

受付定員4名(先着順、原告の会・会員優先)定員に達したので申し込みを締め切りました。※次回は、2020年2月11日を予定しています。
原告の会役員等が経験をもとにアドバイスします。相談料は無料、過去に相談された方でもOK。なお、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
相談申込先:医療過誤原告の会 事務局(☎ 090-6016-8423、info@genkoku.net)