裁判傍聴のお願い(大阪地裁)

医療過誤原告の会・会員の、吉岡和義さんの裁判が下記日程で行われます。

皆さんの傍聴をお願い致します。

日時 3月16日(金)午後1時15分から

場所 大阪地裁本館10階1008号法廷

内容 お父様が医療事故に遭われた裁判です。

どなたでも傍聴できます。直接、法廷の傍聴席においで下さい。

裁判終了後、吉岡さんを中心に、傍聴者で交流会を予定しています。

2月下旬以降の集会・イベントのご案内

1、第4回日本医療安全学会学術総会、シンポジウム(東京大学・本郷)
木下正一郎弁護士、勝村久司さん主催のセッションで医療過誤 原告の会 関係者がお話します。

日 時:2月17日(土)
場 所:東京大学本郷キャンパス 法文1号館1階21番講堂
<プログラム>
14:00~15:45『私たちは、なぜ提訴したのか、しなかったのか』
  講演予定:宮脇正和、春木聡、川田綾子、木下正一郎 (司会)勝村久司
15:45~17:30『医療事故の調査結果を再発防止にどう生かしていくのか』
  講演予定:永井裕之、宮脇正和、中島哲也、勝村久司 (司会)木下正一郎

※参加ご希望の方は、原告の会事務局にご連絡ください。

 

2、医療過誤原告の会・関東集会

日 時:3月10日(土)13:30~16:30
場 所:全労連会館3F 306会議室(JR御茶ノ水駅 徒歩8分)
     文京区湯島2-4-4  TEL:03-5842-5610
内 容:医療事故被害者の経験交流、相談等
事前申し込み:不要
(医療事故問題に関心のある方は、どなたでも参加できます)
参加費:無料

 

3、3月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動(チラシ配布・署名)<第99弾・東京>
事故調査制度の報告件数が、初年度より2年目が少ない状況で推移しています。
この制度が実効性ある機能を果たし、遺族の心に寄り添うよう求めます。

日 時:3月17日(土)16:00〜17:00
場 所:JR「目黒駅」西口付近で行います。

終了後、交流会を17:10~19:10時行います。交流会のみの参加も可
尚、4月は通算100回目となります。4月8日(日)16-17時、駒込駅南口で行います。
連絡先:医療過誤原告の会事務局
(☎ 090-6016-8423)(Eメール info@genkoku.net)

 

4、第25回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

日 時:4月7日(土)10:00~12:00
場 所:全労連会館3F 会議室(JR御茶ノ水駅 徒歩8分)
     文京区湯島2-4-4  TEL:03-5842-5610
受 付:定員6名(先着順、原告の会・会員優先)

原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
申込先:原告の会事務局
(☎ 090-6016-8423)(Eメール info@genkoku.net)

 

5、医療過誤原告の会・関西集会

日 時:4月15日(日)13:30~16:30
場 所:エル大阪・5階504号室
内 容:医療事故被害者の経験交流、相談等
事前申し込み:不要
(医療事故問題に関心のある方は、どなたでも参加できます)
参加費:無料

 

6、国立国際医療研究センター病院「医療安全講演会」

日 時:4月16日(月)18:00〜20:00
場 所:国立国際医療研究センター病院 研修センター棟5階 大会議室
内 容:講演・シンポジウム
    永井裕之さん、宮脇正和会長が講演します。
    ※一般参加可(公開)

裁判傍聴のお願い(3月以降)

1)裁判傍聴(名古屋)のお願いです。
子宮頸がんワクチン薬害名古屋訴訟の第6回裁判が行われます。
皆さんの傍聴をお願い致します。

日 時:3月6日(火)午後1時、名古屋地方裁判所・西側歩道集合(午後2時開廷)
場 所:名古屋地方裁判所1階 大法廷(1号法廷)
問合先:HPVワクチン薬害訴訟・名古屋弁護団  電話:052-212-8006

 

2)町田和江さん(東京)から裁判傍聴のお願いです。
原告の会役員の町田さんの裁判が下記日程で行われます。

日 時:3月8日(木)午後1時15分から
場 所:東京地方裁判所(6階)611号法廷
内 容:第6回 口頭弁論
病院の対応に問題があり(拘束等)、息子さんに障碍が残った事件

どなたでも傍聴できます。直接、法廷の傍聴席においで下さい。
裁判終了後、町田さんを中心に、傍聴者で交流会を予定しています。
皆さんの傍聴をお願い致します。
==
いつも沢山の皆様に傍聴に来て頂き、深く感謝申し上げます。
お陰様で第6回を迎えて2年目になりました。
いよいよ事件は、やま場に差し掛かろうとしています。
被告病院への通院は3ケ月間、入院は当日夜8時から翌日夕方5時までの21時間の出来事であります。
まず誤診に始まり、不必要な投薬により急性腎不全(数時間で起こす)に陥った患者を長い時間放置状態で生命に危険な状態に至らしめた。また、浮腫ある状態で拘束を長時間放置で両下肢神経障害に至らしめた。
長年治療し漸く良くなってきましたが、腎不全による後遺症で高血圧に苦しんでいます。被告病院はいろいろな言い訳をしていますが、丹念に調べていきますと、被告病院のカルテ他には矛盾だらけです。
それらを指摘し、証拠を蒐集して裁判所提出に臨んでいきたいと思います。
精神病院で原因不明で亡くなられている患者さんが多くいらっしゃいます。
精神病院の実態が少しでも明らかになれば、良い環境が生まれるものと思いこれから争点に向かって、一層の努力をして参ります。
お忙しい中と思いますが、皆様の傍聴の応援が何よりの力となります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

東京都清瀬市
医療過誤原告の会 会員 町田和江

2月以降の集会・イベントのご案内

1)第24回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

日 時:2月10日(土)10:00~12:00
場 所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅 徒歩7分)
     文京区湯島2-4-4 TEL:03-5842-5610

受付定員4名(先着順、原告の会・会員優先)
原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
相談申込先:医療過誤 原告の会 事務局
☎ 090-6016-8423 【Eメール】info@genkoku.net

 

2)2月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動(チラシ配布・署名)<第98弾・東京>

日 時:2月10日(土)16:00〜17:00
場 所:JR中央線「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口改札前で行います。
※終了後、交流会を17:10~19:10で行います。交流会のみの参加も可

事故調査制度の報告件数が、初年度より2年目が少ない状況で推移しています。
この制度が実効性ある機能を果たし、遺族の心に寄り添うよう求めます。
連絡先:医療過誤 原告の会 事務局
☎ 090-6016-8423 【Eメール】info@genkoku.net