裁判傍聴のお願い(佐々木徹夫さん)

秋田県横手市の佐々木徹夫さん(会員)から裁判傍聴のお願いです。

昨年7月に提訴し、これまで弁論準備を重ねてきましたが、ようやく次回期日に証人(被告人)尋問を行う口頭弁論が決定いたしましたので、取り急ぎ報告いたします。

平成29年7月3日 午後1時30分より
秋田地方裁判所、第一法定(予定)
原告︰佐々木徹夫 他2名
被告︰市立横手病院

主たる争点は、診断とその適切な説明、適切な手術時期に絞られており、その部分の重点的な尋問になると思われます。

5月以降の集会・イベントのご案内(追加)

5)医療過誤原告の会・関東集会(東京・新宿)

医療事故に遭い、医療機関が誠実に対応しないため、悩んだり、苦しんだり、闘っている方、ぜひご参加いただいて交流しましょう。

日 時 :6月3日(土)13:30~16:30
場 所 :新宿区落合第二地域センター 2階 大会議室A
     東京都新宿区中落合4-17-13 Tel.03-3951-9941
     都営地下鉄大江戸線「落合南長崎駅」徒歩 約8分
     http://www.ochiai2center.com/
内 容 :医療事故被害者の交流等
参加対象:医療事故者、支援者
事前申込:不要
参加費 :無料
連絡先 :原告の会事務局・(Eメール info@genkoku.net )
     ※ただいまメール対応のみです

5月以降の集会・イベントのご案内

1)5月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
  (チラシ配布・署名)<第91弾・東京>

事故調査制度の報告件数が、非常に少ないまま推移しています。この制度が実効性ある機能を果たし、遺族の心に寄り添う内容に、公平性・透明性・専門性・実効性ある制度を求めます。

日 時:5月13日(土)16:00-17:00
場 所:JR総武線 両国駅 西口付近で行います。
終了後、交流会を17:10~19:30時行います。
交流会のみの参加も可 
連絡先:医療過誤原告の会事務局
    (☎ 090-6016-8423)(Eメールinfo@genkoku.net ) 

2)医療事故情報センタ―総会記念シンポジウム(名古屋)

「医療事故調査制度はどう動いているか~医療事故調査制度の実情と課題 Part.2」
日 時:5月27日(土)13:00~16:30
場 所:ウインクあいち 5階小ホール
   (JR名古屋駅桜通り口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分)
申 込:不要、参加費無料
問合先:医療事故情報センター ☎ 052-951-1731

3)第20回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

日 時:6月18日(日)10:00~12:00
場 所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
    文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
受 付:定員6名(先着順、原告の会・会員優先)
原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料。
過去に相談された方でもOK。
尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
申込先:原告の会事務局
    (☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )

4)歯科感染対策シンポジウムのご案内(東京・日本橋)

日 時:6月24日(土)14:00~17:00
場 所:TKP日本橋カンファレンスセンター(ホール7)
    東京都中央区八重洲1-2-16TGビル
報 告:B型肝炎感染被害と歯科への思い
    (全国B型肝炎訴訟原告団代表 田中義信氏)
講 演:歯科の感染対策について 歯科医 濱崎啓吾氏
参加費:無料、申し込み不要
連絡先:全国B型肝炎訴訟弁護団事務局
    (03-3355-0611)

4月以降の集会・イベントのご案内

1、医療過誤原告の会・関西地区集会のご案内(大阪)
  医療事故に遭い、苦しんでいる方、関心のある方の参加を歓迎します。

日 時:4月9日(日)13:00~16:50
内 容:医療事故相談 13:00~14:10 
    被害者の交流 14:30~16:50
場 所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階504号室 
    大阪市中央区北浜東3-14 06-6942-0001
内 容:医療事故の闘いの報告・交流会
参加費:無料(事前申し込み不要)

2、第19回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

日 時:4月16日(日)10:00~12:00
場 所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
    文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
受 付:定員6名(先着順、原告の会・会員優先)
    原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、
    相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
    尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で
    随時受け付けています。
相 談:申込先 原告の会事務局
    (☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )

3、4月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
  (チラシ配布・署名)<第90弾・東京>
  事故調査制度の報告件数が、非常に少ないまま推移しています。
  この制度が実効性ある機能を果たし、遺族の心に寄り添う内容に、
  公平性・透明性・専門性・実効性ある制度を求めます。

日 時:4月16日(日)16:00-17:00
場 所:JR御茶ノ水駅・御茶ノ水橋側出口付近で行います。
    終了後、交流会を17:10~19:30時行います。
    交流会のみの参加も可 
連絡先:医療過誤原告の会事務局
    (☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net ) 

4、医療過誤原告の会・九州地区集会のご案内(福岡)
  医療事故に遭い、苦しんでいる方、関心のある方の参加を歓迎します。

日 時:4月22日(土)13:30~16:30
場 所:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス
    福岡市南区高宮3-3-1 092-526-3755
    西鉄天神大牟田線・天神駅から3駅「高宮駅」西口すぐ
内 容:医療事故の闘いの報告・交流会
参加費:無料(事前申し込み不要)

5、患者の権利オンブズマン・解散報告集会のご案内(福岡)

日 時:4月23日(日)13:30~16:30
場 所:福岡市天神ビル11階9号会議室
    福岡市中央区天神2-12-1
内 容:「苦情を宝に」歩んだ18年を振り返る
    基調報告、パネルディスカッション
参加費:無料(事前申し込み受付)092-643-7579

6、医療事故情報センタ―総会記念シンポジウム(名古屋)
 「医療事故調査制度はどう動いているか
  ~医療事故調査制度の実情と課題 Part.2」

日 時:5月27日(土)13:00~16:30
場 所:ウインクあいち 5階小ホール
   (JR名古屋駅桜通り口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分)
    参加申込・不要、参加費無料
問合先:医療事故情報センター ☎ 052-951-1731

3月以降の集会・イベントのご案内

1、医療過誤原告の会・関東地区集会のご案内(東京)
   医療事故に遭い、苦しんでいる方、
   心のある方の参加を歓迎します。

 日 時:3月11日(土)13:30~16:30
 場 所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
     文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
 内 容:医療事故の闘いの報告・交流会
 参加費:無料 (事前申し込み不要)

2、3月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
  (チラシ配布・署名)<第89弾・東京>
  事故調署名が9年目となりました。遺族の心に寄り添う
  内容に、公平性・透明性・専門性・実効性ある制度を
  求め、引き続き運動を継続します。

 日 時:3月25日(土)16:00-17:00
 場 所:都営浅草線 浅草駅・正面口付近で行います。
 終了後、交流会を17:20~19:30時行います。
     交流会のみの参加も可 

3、医療過誤原告の会・関西地区集会のご案内(大阪)
   医療事故に遭い、苦しんでいる方、
   関心のある方の参加を歓迎します。

 日 時:4月9日(日)13:00~16:50
 内 容:医療事故相談 13:00~14:10
     被害者の交流 14:40~16:50
 場 所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階504号室 
     大阪市中央区北浜東3-14 06-6942-0001
 内 容:医療事故の闘いの報告・交流会
 参加費:無料 (事前申し込み不要)

4、第19回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

 日 時:4月16日(日)10:00~12:00
 場 所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
     文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
 受 付:定員6名(先着順、原告の会・会員優先)
     原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、
     相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
     尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で
     随時受け付けています。
 相 談:申込先 原告の会事務局・(☎ 090-6016-8423)
     (Eメール info@genkoku.net )

5、医療過誤原告の会・九州地区集会のご案内(福岡)
   医療事故に遭い、苦しんでいる方、
   関心のある方の参加を歓迎します。
 日 時:4月22日(土)13:30~16:30
 場 所:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス
     福岡市南区高宮3-3-1 092-526-3755
     西鉄天神大牟田線・天神駅から3駅「高宮駅」西口すぐ
 内 容:医療事故の闘いの報告・交流会
 参加費:無料 (事前申し込み不要)
 連絡先:医療過誤原告の会事務局・(☎ 090-6016-8423)
     (Eメール info@genkoku.net ) 

2月以降の集会・イベントのご案内

1、医療情報の公開・開示を求める市民の会主催
  医療事故調査制度のシンポジウム案内(大阪)

 「医療の安全」を妨げているものは何か?
  医療機関・法律家のあり方を問う!

  日時:2017年2月18日(土)13:00~16:30
  場所:大阪弁護士会館2Fホール
  内容:講演とパネルディスカッション
  ・加藤高志(大阪弁護士会)
  ・岡本佐和子(奈良県立医大講師)
  ・篠原聖二(医療過誤原告の会)
  ・石川寛俊(大阪弁護士会)
   コーディネーター 勝村久司(当会世話人) 

2、第18回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

  日時:2月19日(日)10:00~12:00
  場所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
     文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
  受付:定員6名(先着順、原告の会・会員優先)
     定員に達し申し込み締め切り

  原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料
  過去に相談された方でもOK。
  尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。

  相談申込先:原告の会事務局(☎ 090-6016-8423)
        (Eメール info@genkoku.net )

  次回は、2017年4月(日時未定)を予定しています。

3、2月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
  (チラシ配布・署名)<第88弾・東京>

  事故調署名が9年目となりました。遺族の心に寄り添う
  内容に、公平性・透明性・専門性・実効性ある制度を求め、
  引き続き運動を継続します。

  日時:2月19日(日)15:30-16:30
  場所:JR御茶ノ水駅・聖橋口付近で行います。
  終了後、交流会を17~19時行います。交流会のみの参加も可 

4、医療過誤原告の会・関東地区集会のご案内(東京)
  医療事故に遭い、苦しんでいる方、関心のある方の参加を歓迎します。

  日時:3月11日(土)13:30~16:30
  場所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
     文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
  内容:医療事故の闘いの報告・交流会
  参加費:無料 (事前申し込み不要)

5、医療過誤原告の会・関西地区集会のご案内(大阪)
  医療事故に遭い、苦しんでいる方、関心のある方の参加を歓迎します。

  日時:4月9日(日)13:00~16:50
  内容:医療事故相談 13:00~14:10
     被害者の交流 14:40~16:50
  場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階504号室 
     大阪市中央区北浜東3-14 06-6942-0001
  内容:医療事故の闘いの報告・交流会
  参加費:無料 (事前申し込み不要)

6、医療過誤原告の会・九州地区集会のご案内(福岡)
  医療事故に遭い、苦しんでいる方、関心のある方の参加を歓迎します。
  日時:4月22日(土)13:30~16:30
  場所:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス
     福岡市南区高宮3-3-1 092-526-3755
     西鉄天神大牟田線・天神駅から3駅「高宮駅」西口すぐ
  内容:医療事故の闘いの報告・交流会
  参加費:無料 (事前申し込み不要)

  連絡先 医療過誤原告の会事務局
  (☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net ) 

2月以降の集会・イベントのご案内

1、大阪で医療事故調査制度のシンポジウム案内です。

「医療の安全」を妨げているものは何か? 医療機関・法律家のあり方を問う!

 日時:2017年2月18日(土)13:00~16:30
 場所:大阪弁護士会館2Fホール
 講演とパネルディスカッション

・「患者・遺族を置き去りにした医療安全研修」
  加藤高志(大阪弁護士会)
・「患者・遺族を置き去りにしない医療安全研修」
  岡本佐和子(奈良県立医大講師)
・「患者側弁護士の困った事例」
  篠原聖二(医療過誤原告の会)
・「医療事故調査制制度で医療界は自律できるか」
  石川寛俊(大阪弁護士会)

コーディネーター 勝村久司(当会世話人)

主催:医療情報の公開・開示を求める市民の会

2、第18回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

 日時:2月19日(日)10:00~12:00
 場所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
    文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
 受付:定員6名(先着順、原告の会・会員優先)

原告の会役員等が自からの経験をもとにアドバイスします。
過去に相談された方でもOKです。相談料は無料です。
尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。

相談申込先:原告の会事務局(☎ 090-6016-8423)
      (Eメール info@genkoku.net )

次回は、2017年4月(日時未定)を予定しています。

3、2月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
(チラシ配布・署名)<第88弾>

事故調署名が9年目となりました。遺族の心に寄り添う内容に、公平性・透明性・専門性・実効性ある制度を求め、引き続き運動を継続します。

 日時:2月19日(日)15:30-16:30
 場所:JR御茶ノ水駅・聖橋口付近で行います。
 終了後、交流会を17~19時行います。交流会のみの参加も可

4、医療過誤原告の会・関東地区集会のご案内

医療事故に遭い、医療機関が誠実に対応しないため、悩んだり、苦しんだり、闘っている方、ぜひご参加いただいて交流しましょう。

 日時:3月11日(土)13:30~16:30
 場所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
    文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
 内容:医療事故の闘いの報告・交流会
 参加費:無料 (事前申し込み不要)

5、医療過誤原告の会・関西地区集会のご案内

久し振りの関西での交流集会です。被害者同士で、ぜひ交流しましょう。

 日時:4月9日(日)13:30~16:30
 場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階504号室
    大阪市中央区北浜東3-14 06-6942-0001
 内容:医療事故の闘いの報告・交流会
 参加費:無料 (事前申し込み不要)
 連絡先:医療過誤原告の会事務局・(☎ 090-6016-8423)
     (Eメール info@genkoku.net )

1月以降の集会・イベントのご案内

1、1月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
  (チラシ配布・署名)<第87弾>

  事故調署名が9年目となりました。遺族の心に寄り添う内容に、
  公平性・透明性・専門性・実効性ある制度を求め、引き続き運動を継続します。
  日 時:1月14日(土)15:30-16:30
  場 所:JR巣鴨駅・改札口付近で行います。
  終了後、交流会を17~19時行います。交流会のみの参加も可

2、大阪で医療事故調査制度のシンポジウム案内です。

 「医療の安全」を妨げているものは何か?
  医療機関・法律家のあり方を問う!
  日 時:2017年2月18日(土)13:00~16:30
  場 所:大阪弁護士会館2Fホール

  講演とパネルディスカッション
 ・「患者・遺族を置き去りにした医療安全研修」
   加藤高志(大阪弁護士会)
 ・「患者・遺族を置き去りにしない医療安全研修」
   岡本佐和子(奈良県立医大講師)
 ・「患者側弁護士の困った事例」
   篠原聖二(医療過誤原告の会)
 ・「医療事故調査制制度で医療界は自律できるか」
  石川寛俊(大阪弁護士会)
  コーディネーター 勝村久司(当会世話人)
  主 催:医療情報の公開・開示を求める市民の会

3、第18回医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)

  日 時:2月19日(日)10:00~12:00
  場 所:全労連会館3F会議室(JR御茶ノ水駅徒歩7分)
      文京区湯島2-4-4  03-5842-5610
  受 付:定員6名(先着順、原告の会・会員優先)

 原告の会役員等が自からの経験をもとにアドバイスします。
 過去に相談された方でもOKです。相談料は無料です。
 尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
 相談申込先 原告の会事務局
 (☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )

次回は、2017年4月(日時未定)を予定しています。

原告の会主催のシンポジウムのご案内

昨年10月に施行された医療事故調査制度が1年が経過して、年間届け出件数が388件、当初の想定を大幅に下回り、制度の今後が心配されます。
医療事故を再発防止に活かす制度の実効性を高めるため、被害者・遺族の立場から検討を深めたいと願っています。
群大・千葉県ガンセンターの医療事故調査に係られた、隈本邦彦氏に講演いただき、多くの示唆をいただく予定です。
みなさまのご参加をお願い致します。

日 時 2016年12月4日(日)

時 間 13:15~16:30(12:30開場)

会 場 東京・水道橋 全水道会館5F中会議室
   文京区本郷 03-3816-4196
   (JR水道橋駅東口徒歩3分、都立工芸高校北側)

参加費 無料

受 付 当日受付(事前申し込み不要)

内 容
1.講演(敬称略)
「これでいいのか医療事故調査制度! 群大事故調査から学ぶ」
 隈本 邦彦 江戸川大学教授
(群馬大学附属病院・千葉県ガンセンター医療事故調査委員)

2.医療事故被害者・遺族から報告(敬称略)
・春木 聡 (医療事故被害者遺族・神奈川)
・島田 哲 (医療事故被害者家族・埼玉)

3.シンポジウム 「医療事故調査制度・遺族がどう向き合うか」

シンポジスト (敬称略)
永井 裕之 (患者の視点で医療安全を考える連絡協議会代表)
勝村 久司 (医療情報の公開・開示を求める市民の会世話人)
春木 聡  (医療事故被害者遺族・神奈川)
中島 哲也 (医療事故被害者遺族・原告の会役員)
コーディネーター 宮脇 正和 ( 医療過誤原告の会・会長 )

連絡先  医療過誤原告の会・事務局 (090-6016-8423)