5月以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療事故相談会(長野)

下記の予定で、医療事故対応の相談会を行います(定員は先着2名)
日時:5月11日(土)10時~12時
場所:JR長野駅近隣の喫茶店
相談対応:医療過誤原告の会役員、医療過誤裁判体験者
申込先:医療過誤原告の会事務局(090-6016-8423)


2、医療事故相談と原因調査のため資料閲覧会のご案内
類似の事故検索、協力医探し、弁護士探し、今後の相談などで、4月は6名の方が医療事故原因調査、相談に参加しました。医療事故被害者が、孤立して泣寝入りすることがないよう、様々な機会に交流していきましょう。

日時:5月12日(日)10時15分~15時00分
場所:(東京)参加者にお知らせします
定員:先着6名(会員相談者優先・5/8まで)・次回予定(6月、検討中)
内容:医療事故原因調査に要望が強い、医師、弁護士、症例など多数の情報を検索・閲覧できます
申込先:医療過誤原告の会事務局(090-6016-8423)


3、5月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
(チラシ配布・署名)<第112弾・目白>

医療事故調査制度発足から3年が経過しましたが、報告件数は低調のまま推移しています。4月は15名参加してJR池袋駅西口で行いました。5月はJR目白駅改札付近です。多くのみなさんの参加をお待ちしています。

日時:5月19日(日)16時~17時
場所:JR山手線「目白駅」改札口付近
終了後、交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤原告の会事務局
(☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )

4、医療事故情報センターシンポジウムのお知らせ
テーマ 「医療事故調査制度はどうあるべきか」
-制度施行後3年の実情から考える-

日時:5月25日(土)13:00~16:30
場所:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)10階1001会議室
JR名古屋駅(桜通口)から東へ徒歩5分
講演:パネルディスカッション
永井裕之さん、柄沢好宣さん、木村壮介さん、平川俊夫さん、廣井透雄さん、伊藤進一さん
参加:一般参加可、事前申し込み不要


5、医療事故相談会(名古屋)のご案内
下記の予定で、医療事故対応の相談会を行います(定員は先着2名)

日時:5月25日(土)10時~12時
場所:JR名古屋駅新幹線出口付近の喫茶店
対応者:医療過誤原告の会役員
申込先:医療過誤原告の会事務局(090-6016-8423)


6、医療過誤原告の会・関東集会のご案内
医療事故被害者の交流を中心とした、関東集会を下記の予定で開きます。 一人で悩んでいる被害者・遺族の皆さん、同様に悩みながら頑張っている方々と交流しましょう。

日時:6月8日(土)13:30~16:30
場所:全労連会館3F会議室(御茶ノ水)
参加費:無料、事前申し込み:不要
問合先:医療過誤原告の会事務局(090-6016-8423)
終了後、交流会も行う予定です。

裁判傍聴支援のお願い(5月以降)


1、裁判傍聴支援のお願い(東京高等裁判所)
原告の会役員、小澤和仁さんの裁判(娘さんの出産事故)、東京高等裁判所の第3回控訴審です。

日時:5月9日(木)午前11時から
場所:東京高等裁判所 808号法廷(8階)
詳しくは、原告の会ホームページ参照ください。 裁判終了後、交流会を予定。
連絡先:小沢和仁さん携帯(080-1191-7223)


2、裁判傍聴支援のお願い(さいたま地方裁判所)
原告の会・会員、山田清治さんの娘(岡田愛里香)さん出産事故死の裁判(第3回公判)です。被害者の弁護人は、貞友義典 弁護士です。

日時:5月23日(木)午前10時15分から
場所:さいたま地方裁判所 105号法廷(C棟1階)
内容:出産時の帝王切開が遅れ、脳出血で死亡
連絡先:山田さん携帯(090-5404-2817)


裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)です。
原告の会会員、山﨑雅子さんの裁判傍聴支援です。
山﨑さん本人の医療事故の裁判で、本人訴訟です。

日時:5月30日(木)午前10:30~
場所:大阪地方裁判所(本館 5階)511号室
連絡先:山﨑雅子さん携帯(090-2816-3202)
メール(nanakeita407@gmail.com)


3、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)
原告の会役員、西本和子さんの裁判傍聴支援です。
前回は12名の方に来ていたき、ありがとうございました。
西本さんの夫の医療事故の裁判、患者側弁護士は石川寛俊さんです。

日時:6月7日(金)14:00~14:30
場所:大阪地方裁判所(本館)513号法廷
裁判傍聴支援予定者は、名前をショートメールで西本さんへお知らせください。
裁判終了後、大阪弁護士会館地下の喫茶レストランで交流会(石川弁護士参加予定)
連絡先:西本和子さん (090-8887-5840)

4月以降の集会・イベントのお知らせ


1、4月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
(チラシ配布・署名)<第111弾・池袋>

医療事故調査制度発足から3年が経過しましたが、報告件数は低調のまま推移しています。
3月は9名参加して、JR王子駅北口で行いました。4月は池袋駅西口です。
多くのみなさんの参加をお待ちしています。

日 時:4月6日(土)16時~17時
場 所:JR山手線「池袋駅」西口
終了後、交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤 原告の会 事務局
(090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )


2、医療事故相談会(長野)

下記の予定で、医療事故対応の相談会を行います(定員は先着2名)

日 時:4月6日(土)10時~12時
場 所:JR「長野駅」近隣の喫茶店
相談対応者:医療過誤原告の会役員、医療過誤裁判の体験者
申し込み先:医療過誤 原告の会 事務局(090-6016-8423)


3、医療安全講演会(国立国際医療研究センター病院)のお知らせ

原告の会役員 千葉浩司さんのお母さんの医療事故死、教訓を風化させないため毎年開催の講演会です。

日 時:4月16日(火)18時~19時
場 所:国立国際医療研究センター(研修センター棟 5階)大会議室
交 通:大江戸線「若松河田駅」徒歩5分、都バス「国立国際医療研究センター前」下車
講演内容:
■廣井透雄(国立国際医療研究センター病院副院長)
「医療事故を契機とした医療安全改革~5年を経過して~」
■細川大輔(患者側の弁護士)「医療事例から学ぶ医療安全」
参 加:一般参加可、事前申し込み不要
講演会の終了後、交流会を予定
■■医療安全講演会のご案内(PDFダウンロード)


4、医療事故相談と原因調査のため資料閲覧会のご案内

類似の事故検索、協力医探し、弁護士探し、今後の相談などで、
3月は、7名の方が医療事故原因調査、相談に参加しました。
医療事故被害者が、孤立して泣寝入りすることがないよう、様々な機会に交流していきましょう。

日 時:4月28日(日)10時15分~15時00分
場 所:(東京)参加者にお知らせします
申込定員:先着6名(会員優先・4/20まで)次回予定(5/12)
内 容:医療事故原因調査に要望が強い、医師、弁護士、症例など多数の情報を検索・閲覧できます。
申込先:医療過誤 原告の会 事務局(090-6016-8423)


5、医療事故情報センター・シンポジウムのお知らせ

テーマ:「医療事故調査制度はどうあるべきか」-制度施行後3年の実情から考える-
日 時:5月25日(土)13時00分〜16時30分
場 所:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)10階 1001会議室
交 通:JR「名古屋駅」(桜通口)から東へ徒歩5分
【講演・パネルディスカッション】
永井裕之さん、柄沢好宣さん、木村壮介さん、平川俊夫さん、廣井透雄さん、伊藤進一さん
参 加:一般参加可、事前申し込み不要

裁判傍聴支援のお願い(4月以降)


1、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)

原告の会・役員、西本和子さんの裁判傍聴支援です。
西本さんの夫の医療事故の裁判で、患者側弁護士は石川寛俊さんです。
裁判時間は短い予定ですが、終了後、大阪弁護士会館 地下の喫茶レストランで交流会を予定
日 時:4月15日(月)午前11時~11時30分
場 所:大阪地方裁判所 本館(5階)513号法廷
連絡先:西本和子さん(090-8887-5840)


2、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)

原告の会・会員、山﨑雅子さんの裁判傍聴支援です。
山﨑さん本人の医療事故の裁判で、本人訴訟です。
日 時:4月18日(木)午前10時30分から
場 所:大阪地方裁判所 本館(5階)511号法廷
連絡先:山﨑雅子さん
(電話:090-2816-3202 メール:nanakeita407@gmail.com)


3、裁判傍聴支援のお願い(さいたま地方裁判所)

原告の会・会員、山田清治さんの裁判傍聴支援です。
娘(岡田愛里香)さんの出産事故死の裁判(第3回公判)です。
被害者の弁護人は、貞友義典弁護士です。
日 時:4月18日(木)午前10時30分から
場 所:さいたま地方裁判所(C棟1階)105号法廷
内 容:出産時の帝王切開が遅れ、脳出血で死亡
連絡先:山田さん携帯(090-5404-2817)


4、裁判傍聴支援のお願い(東京高等裁判所)

原告の会・役員 小澤和仁さんの裁判(娘さんの出産事故)、東京高裁の第3回控訴審です。
日 時:5月9日(木)午前11時から
場 所:東京高等裁判所(8階)808号法廷
裁判終了後、交流会を予定
連絡先:小澤和仁さん携帯(080-1191-7223)
■■裁判傍聴支援のお願い(PDF)ダウンロード

3月後半以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療事故相談と原因調査のため資料閲覧会のご案内

類似の事故検索、協力医探し、弁護士探し、今後の相談などで、
2月は、5名の方が医療事故原因調査、相談に参加しました。
医療事故被害者が、孤立して泣寝入りすることがないよう、様々な機会に交流していきましょう。

日 時:3月24日(日)10時15分~15時00分
場 所:(東京)参加者にお知らせします
申込定員:先着6名(会員優先・定員超過のため申し込みは締切ました)
次回予定(4/28)
内 容:医療事故原因調査に要望が強い、医師、弁護士、症例など多数の情報を検索・閲覧できます。
申込先:医療過誤 原告の会 事務局(090-6016-8423)


2、3月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
(チラシ配布・署名)<第111弾・池袋>

医療事故調査制度発足から3年が経過しましたが、報告件数は低調のまま推移しています。
3月は9名参加して、JR王子駅北口で行いました。4月は池袋駅西口です。
多くのみなさんの参加をお待ちしています。

日 時:4月6日(土)16時~17時
場 所:JR山手線「池袋駅」西口
終了後、交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤 原告の会 事務局
(090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )


3、医療事故相談会(長野)

下記の予定で、医療事故対応の相談会を行います(定員は先着2名)

日 時:4月6日(土)10時~12時
場 所:JR「長野駅」近隣の喫茶店
相談対応者:医療過誤原告の会役員、医療過誤裁判の体験者
申し込み先:医療過誤 原告の会 事務局(090-6016-8423)


4、医療安全講演会(国立国際医療研究センター病院)のお知らせ

原告の会役員 千葉浩司さんのお母さんの医療事故死、教訓を風化させないため毎年開催の講演会です。

日 時:4月16日(火)18~19時
場 所:国立国際医療研究センター(研修センター棟 5階)大会議室
交 通:大江戸線「若松河田駅」徒歩5分、都バス「国立国際医療研究センター前」下車
講演内容:
■廣井透雄(国立国際医療研究センター病院副院長)
「医療事故を契機とした医療安全改革~5年を経過して~」
■細川大輔(患者側の弁護士)「医療事例から学ぶ医療安全」
参 加:一般参加可、事前申し込み不要

3月以降の集会・イベントのお知らせ


1、3月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
(チラシ配布・署名)<第110弾・王子>

医療事故調査制度発足から3年が経過しましたが、報告件数は低調のまま推移しています。
2月は15名参加して、小田急線梅ヶ丘駅前で行いました。3月は王子駅前です。
多くのみなさんの参加をお待ちしています。

日 時:3月10日(日)16時~17時
場 所:JR京浜東北線「王子駅」東口
終了後、交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤 原告の会 事務局
(☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )


2、医療過誤原告の会・関東地区集会のご案内

医療事故被害者の交流を中心とした、関東地区集会を下記の予定で開きます。
一人で悩んでいる被害者・遺族の皆さん、同様に悩みながら頑張っている方々と交流しましょう。

日 時:3月17日(日)13時30分~16時30分
場 所:全労連会館3F会議室(御茶ノ水)
参加費:無料、事前申し込み:不要
問合せ先:医療過誤 原告の会 事務局(090-6016-8423)
終了後、交流会も行う予定です。


3、医療事故相談と原因調査のため資料閲覧会のご案内

類似の事故検索、協力医探し、弁護士探し、今後の相談などで、
2月は、5名の方が医療事故原因調査、相談に参加しました。
医療事故被害者が、孤立して泣寝入りすることがないよう、様々な機会に交流していきましょう。

日 時:3月24日(日)10時15分~15時00分
場 所:(東京)参加者にお知らせします
申込定員:先着6名(3月17日まで原告の会・会員優先)・4月も実施予定(日時未定)
内 容:医療事故原因調査に要望が強い、医師、弁護士、症例など多数の情報を検索・閲覧できます。
申込先:医療過誤 原告の会 事務局(090-6016-8423)

2月以降の集会・イベントのお知らせ


1、日本医療安全学会シンポジウム

日 時:2月9日(土)
9:00~10:30「医療安全」の切り札、「患者参加型医療」とは何か
10:30~12:00「これで良いのか「医療事故調査制度」~課題と提言~
講 演:木下弁護士、勝村、川田、宮脇
会 場:東京大学本郷キャンパス 山上会館2階 国際会議場


2、日本医療安全学会学術総会「市民公開講座」

日 時:2月9日(土)14:00~17:00
「日本の医療安全はどこまで進んだか?」
講 演:勝村、宮脇
会 場:東京大学本郷キャンパス 山上会館2階 国際会議場会場


3、都立広尾病院医療事故から20周年、記念シンポジウム

日 時:2月10日(日)
(午前)被害者報告(2名)、
(午後)医療事故調査制度についてシンポジウム
場 所:全水道会館 4F 大会議室(水道橋駅から徒歩)
詳細は、医療の良心を守る市民の会ホームページ参照ください。
連絡先:医療の良心を守る会代表 永井裕之さん
(hnagai@max.hi-ho.ne.jp)


4、名古屋HPV(子宮頸がんワクチン被害)の支援ネットワーク 第2回総会

当日は、原告本人、ご家族をはじめ、支援者の方にもご参集いただき、支援ネットワークのこれまでの活動をご報告し、今後の活動内容等について協議する予定です。
支援者の皆様におかれましては、ぜひ当日お越しいただきたく、お知らせいたします。

日 時:2月23日(土)14時30分~(開場14時)
場 所:ナカトウ丸の内ビル 2階会議室(名古屋市中区丸の内3-17)
地下鉄名城線・桜通線「久屋大通駅」1番出口より徒歩約2分
連絡先:HPVワクチン薬害訴訟名古屋弁護団
(052-212-8006)


5、医療事故相談と原因調査のため資料閲覧会のご案内

類似の事故検索、協力医探し、弁護士探し、今後の相談などで、
1月は、4名の方が医療事故原因調査、相談に参加しました。
医療事故被害者が、孤立して泣寝入りすることがないよう、様々な機会に交流していきましょう。

日 時:2月24日(日)10時15分~15時00分
場 所:(東京)参加者にお知らせします
申込定員:先着6名(2月17日まで原告の会・会員優先)・3月も実施予定(日時未定)
内 容:医療事故原因調査に要望が強い、医師、弁護士、症例など多数の情報を検索・閲覧できます。
申込先:医療過誤 原告の会 事務局(090-6016-8423)


6、3月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
(チラシ配布・署名)<第110弾・王子>

医療事故調査制度発足から3年が経過しましたが、報告件数は低調のまま推移しています。
2月は15名参加して、小田急線梅ヶ丘駅前で行いました。3月は王子駅前です。
多くのみなさんの参加をお待ちしています。

日 時:3月10日(日)16時~17時
場 所:JR京浜東北線「王子駅」東口
終了後、交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤 原告の会 事務局
(☎ 090-6016-8423)、(Eメール info@genkoku.net )


7、医療過誤原告の会・関東地区集会のご案内

医療事故被害者の交流を中心とした、関東地区集会を下記の予定で開きます。
一人で悩んでいる被害者・遺族の皆さん、同様に悩みながら頑張っている方々と交流しましょう。

日 時:3月17日(日)13時30分~16時30分
場 所:全労連会館3F会議室(御茶ノ水)
参加費:無料、事前申し込み:不要
問合せ先:医療過誤 原告の会 事務局
(090-6016-8423)
終了後、交流会も行う予定です。

裁判傍聴支援のお願い(2月以降)


1、裁判傍聴支援のお願い(金沢地方裁判所)

会員 小川和宏(金沢大学医学系准教授)さんの裁判です。
●ブログでも紹介しています
https://ameblo.jp/iryouziko/entry-12436211698.html
https://ameblo.jp/iryouziko/entry-12436211698.html#cbox
日 時:2月5日(火)午後1時30分から2時間程度
場 所:金沢地方裁判所(金沢駅からバスまたはタクシーで10〜20分)
尋問対象者:金沢大学臨床教授、原告 小川

私自身の医療訴訟の重要証拠である、亜脱臼を示すCTデータを、
すぐに廃棄したことによる事故隠蔽と診療契約不履行の裁判です。
金沢で恐縮ですが、可能な方は傍聴をお願いします。
連絡先:小川和宏さん
ブログメール:igakubuziken@yahoo.co.jp


2、裁判傍聴支援のお願い(大阪地方裁判所)

原告の会役員、西本和子さんの裁判傍聴支援です。
西本さんの夫の医療事故の裁判で、患者側弁護士は石川寛俊さんです。
裁判時間は短い予定ですが、終了後、大阪弁護士会館 地下の喫茶レストランで交流会を予定(石川弁護士 参加)
日 時:2月18日(月)午後1時15分から
場 所:大阪地裁本館(10階)1009号法廷
連絡先:西本和子さん(090-8887-5840)


3、裁判傍聴支援のお願い(東京高等裁判所)

原告の会役員 小澤和仁さんの裁判(娘さんの出産事故)、東京高裁の第2回控訴審です。
日 時:2月28日(木)午前11時から
場 所:東京高等裁判所(8階)808号法廷
裁判終了後、交流会を予定
連絡先:小澤和仁さん携帯(080-1191-7223)
■■裁判傍聴支援のお願い(PDF)ダウンロード

1月以降の集会・イベントのお知らせ


1、1月 医療事故調査・公正なガイドライン推進宣伝活動
(チラシ配布・署名)<第108弾・芝公園>

医療事故調査制度発足から3年が経過しましたが、報告件数は低調のまま推移しています。
1月は下記の予定です。多くのみなさんの参加をお待ちしています。
日時:1月6日(日)15時~16時
場所:都営三田線「芝公園駅」A4出口付近で行います。
終了後、交流会を行います。交流会のみの参加も可
連絡先:医療過誤原告の会事務局
(☎ 090-6016-8423)(Eメール info@genkoku.net )


2、医療事故相談と原因調査のため資料閲覧会のご案内

12月は、5名の方が医療事故原因調査、相談に参加しました。
医療事故被害者が、孤立して泣寝入りすることがないよう、様々な機会に交流していきましょう。
日時:1月20日(日)10時15分~15時00分
場所:(東京)参加者にお知らせします
申込定員:先着6名(1月15日まで原告の会・会員優先)・2月も実施予定(日時未定)
内容:医療事故原因調査に要望が強い、医師、弁護士、症例など多数の情報を検索・閲覧できます。
申込先:医療過誤原告の会事務局(090-6016-8423)


3、日本医療安全学会シンポジウム

日時:2月9日(土)
9:00~10:30「医療安全」の切り札、「患者参加型医療」とは何か
10:30~12:00「これで良いのか「医療事故調査制度」~課題と提言~
講演:木下弁護士、勝村、川田、宮脇
会場:東京大学本郷キャンパス 山上会館2階 国際会議場

14:00~17:00「日本の医療安全はどこまで進んだか?」
講演:勝村、宮脇
会場:東京大学本郷キャンパス 法文1号館2階25番講堂


4、都立広尾病院事故から20周年、記念シンポジウム
「広尾病院事故から20年~医療安全(医療事故調査)のこれまでとこれから」

日時:2月10日(日)10時~医療事故被害者報告、
午後は17時までシンポジウム
場所:全水道会館・4F大会議室(水道橋)
主催:患者の視点で医療安全を考える連絡協議会
連絡先:永井裕之さん(hnagai@max.hi-ho.ne.jp)

北海道・四国地域の医療事故被害者・ご家族の皆さんへ


北海道地域の医療事故被害者・ご家族の皆さんへ

11月24日(土)に、札幌在住の原告の会会員6名が、
交流会を開き、お互いの被害や、現状について情報交換しました。
今後も交流会を継続していく予定ですので、
参加ご希望の被害者・ご家族の方がいましたら、
原告の会事務局(090-6016-8423)へご連絡ください。

 


四国地域の医療事故被害者・ご家族の皆さんへ

12月2日の原告の会総会で、四国から参加された会員から、
四国地域の被害者・家族の交流会を開きたいと要望がありました。
徳島のMさんが世話人をして頂けることになりました。
今後、被害者交流会を開く予定ですので、参加を希望される方は、
原告の会事務局(090-6016-8423)へ、ご連絡ください。