10月以降の集会・イベントのお知らせ


1、医療事故情報センター設立30周年記念企画
「今、医療事故情報センターに求められているもの」

日 時:10月2日(土)13:00〜15:30
形 式:オンライン(Zoom)開催
内 容: 医療事故被害者、患者団体、患者側弁護士、医療ジャーナリスト、協力医、元裁判官等リレートーク
参加申し込み方法等の詳細は、医療事故情報センターホームページで追って案内
参加費:無料


2、医療事故・被害相談会(東京・御茶ノ水)のご案内
医療事故被害者・家族が、孤立して泣寝入りすることがないよう、相談会を行います。

日 時:10月24日(日)13:00〜15:00
場 所:全労連会館(3F)会議室
東京都文京区湯島2-4-4 TEL:03-5842-5610
交 通:JR「御茶ノ水駅」徒歩7分
受付定員:4名(先着順、10/15まで原告の会・会員優先)
原告の会役員等が経験をもとにアドバイス、相談料は無料、過去に相談された方でもOK。
尚、相談内容の個人情報は厳守します。
相談依頼者の方も、助言内容をSNS等で発信は厳禁です。

尚、医療事故の対応の電話相談は事務局で随時受け付けています。
相談申込先:医療過誤原告の会 事務局(☎090-6016-8423、info@genkoku.net)


3、医療事故調査関連資料閲覧会のご案内
医療事故被害者を支援するために、協力医探し、弁護士探し、類似事故案件捜し、医学資料探し等の資料が検索できる貴重な機会です。ご希望の方は、下記申込先に連絡ください。

日 時:10月31日(日)10時15分~15時00分
場 所:(東京)集合場所は参加者にお知らせします。
受付定員:6名(先着順、10/23まで原告の会・会員優先)
申込先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


4、事故調フォーラム主催「公平な医療事故調査制度を育てる・駅頭宣伝(125回)」
コロナ感染が少し落ち着いている状況となりましたので、1年ぶりに駅頭宣伝を再開します。参加可能な方は、しっかり感染対策をしてご参加をお願いいたします。

日 時:11月7日(日)16:00~17:00
場 所:JR中央線「御茶ノ水駅」お茶の水橋口
内 容:コロナ感染防止対策を取りながら、患者安全の日のシンボルマーク入り横断幕やシンボルカラー(オレンジ色)のボード等で宣伝します。
昨年11月は中野駅北口で14名が参加して宣伝、署名が通常より多く集まりました。
連絡先:医療過誤原告の会 事務局(090-6016-8423)


5、医療の安全に関する研究会・シンポジウムのご案内
「医療被害者救済の現状と課題」-無過失補償制度を中心に-

日 時:12月18日(土)13:30〜16:30
形 式:オンライン(Zoom)開催
内 容:医療事故被害者、患者側弁護士、協力医、法医学者によるシンポジウム
参 加:申し込み希望の方は、研究会事務局(iryouanzen@gmail.com)へ下記事項を記入し、申し込みしてください。
記入事項:氏名、(一般)、メールアドレス、連絡先電話番号
参加費:一般 2000円
主 催:医療の安全に関する研究会
http://www1.meijo-/^sakai/iryou-anzen2/iryou-anzen2html


6、医療過誤原告の会 総会・30周年シンポジウム(東京)

日 時:12月19日(日)
(午前)11時00分~12時00分:医療過誤原告の会・総会・・会員対象
(午後)13時30分~16時30分:シンポジウム・・Web方式、会場一般公開

【シンポジウム】奪われた「いのちを見つめて」~被害者を家族が語る~

場 所:全労連会館(2F)ホール(東京、JR中央線・御茶ノ水駅)
参加費:無料、会場・WEB共に事前申し込み必要