医療事故調査機関設立キャンペーン・大阪報告

医療過誤原告の会・関西支部の篠原です。
医療事故調設立キャンペーン《大阪》宣伝(チラシ配布・署名)活動報告です。

●日 時:2009年3月14日(土)14:00~15:00
●場所:JR大阪駅東口(御堂筋口)集合

木下先生や永井さんのご尽力のおかげで、本日14日、JR大阪駅周辺で医療事故調査委員会の早期設立を実現するためのチラシ配布・署名活動を行えました。

参加者は原告の会・関西支部から、篠原、北さん、薮見さんはじめ7名、医療の良心を守る会・代表の永井さん、奈良大淀病院事件原告の高崎さん、陣痛促進剤の被害を考える会の奥林さん。以上、10名で活動を行いました。参加していただいた皆様には御苦労さまでした。

活動を開始する直前には雨も上がり、皆さんの熱い熱意が天気も味方につけ、多くの方にチラシ約800枚配布、署名は130筆ほど集めることができました。

関西では昨年11月、「公正・中立な医療事故調査機関の早期設立を」をテーマにした医療過誤原告の会シンポジウム(大阪)を開催しましたが、関西地方では他に医療事故調関連のシンポジウムや学会等がありませんでしたので、医弁の先生、医療関係者、一般市民の方々は、頻繁に医療事故調関連のシンポや学会のある関東地区と比べ、かなり温度差があり関心が薄いのが現状でした。

そのような現状の中、本日の活動の参加者は医療過誤により病院で最愛の家族を亡くされた原告の方たちに集まっていただき、人通りの多いJR大阪駅前でチラシ配布・署名活動を行いました。

また、その活動の様子や医療事故調査機関の必要性を多くのマスコミの方々にも取材していただき、当日夕方のTVニュース(NHK、毎日放送、関西テレビ)で流していただいたことで、多くの関西地方の人々に医療事故調査機関設置に向けての皆さんの取り組みや当該機関の必要性などを周知してもらうことができたと思います。

次回、22日は主に関東医弁の先生方や豊田さんらに来阪していただき、チラシ配布署名活動を行っていただきますが、今後、さらに関西地方でも医療事故調推進キャンペーンの運動を大きなものにしていきたいと考えておりますので、本日取材に来られたマスコミ各社には引き続き、22日のチラシ配布・署名活動の取材のお願いをしています。

医療事故調査機関設立キャンペーン・大阪報告” への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 近畿地方
  2. はじめまして。
    医療ミスか分かりませんので教えてください。
    糖尿病の合併症で左目を手術しましたが、眼内出血を起こりましたその後一旦は回復しましたが、2週間後また出血しました。
    心配なり他の病院に行ったら視神経に障害を受けた事を知りました。医療ミスですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です